腸内ガス抜きのために腸のストレスを解消する必要がある理由

腸内ガス抜きのために腸のストレスを解消する必要がある理由

現代の人は腸のストレスが多い環境で生活を
送ることを余儀なくされているケースが非常に
多いようです。

 

とくに気温の変化が激しい気候で過ごしている人
にとっては、腸が急激な気温の変化について
いけずに腸が冷えて停滞して便秘になったり、
腸内ガスで悩まされるということがあります。

 

ちなみに近年はクーラーが普及したこともあって
夏ではクーラーの利いた部屋で過ごすことが多く
腸の不調を訴えるという人もいるようです。

 

このように日本人の腸のストレスというのは
かなり悪化してきているというのが現状です。

 

特に高度経済成長以降は、日本は食事の面で
欧米化が進行し、生活習慣病をはじめとする
さまざまな重大な病気で悩まされるという人も
急増しています。

 

次々に現れては消滅していくというような健康
ドリンク、健康サプリなどのブームというのも
その象徴であるといえます。

 

例えばある健康商品が腸内環境改善に役立つ
という情報が流れると、その商品が品切れに
なるまで売れるということもあるように、私
達というのは健康の維持に熱心であるという
ことも否定できません。

 

ただこのようなブームばかりを追い求めること
が果たして腸内環境改善に直結するのかどうか
というのは疑問です。

 

相変わらずさまざまな病気に悩まされて平均
寿命も世界一の座を独占することができずに
転落の道をたどってしまっています。

 

さらに大腸の病気が急増していることからも
わかるとおり大腸内視鏡検査が実施できる
病院が増えているというのも事実です。

 

特に50代以降になると大腸がんの患者が
上昇し、高齢になるほど高くなるという傾向
にあります。

 

特にポリープの中でももっともがん化しや
すいのはS状結腸や直腸であり、発症頻度に
ついても比較的高く、最近では若い年齢層
の人でもかかるようです。

 

ポリープというのは必ずガン化するという
わけではないのですが、便の溜まるS状結腸
や直腸にできやすいことは確かなので、要注意
であるとされています。

 

直腸というのは、腸で食物を消化吸収した
後の最終点ですので、添加物などの発がん性
物質がもっとも蓄積されやすい部位です。

 

よって便秘になることによって、これらの
発がん性物質が腸内に停滞して最悪の場合
はガン化するということになります。

 

また最近は大腸がんだけでなくクローン病
という腸の病気も増えています。

 

ですのでいかにして腸内環境を改善して
腸内ガス抜き、便秘解消の対策を打つという
ことが重要になってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ