食物繊維には2種類あり、バランス良く摂取しなければならない理由

食物繊維には2種類あり、バランス良く摂取しなければならない理由

腸内ガス抜きや便秘解消をして腸内環境を改善
するためには食物繊維こそ重要だと考えている
人はきっといらっしゃるかと思います。

 

ただ食物繊維をたくさん摂取すれば健康によい
という考えというのは非常に危険です。場合
によっては便秘を悪化させることにもなりかね
ません。

 

まず食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性
食物繊維があるということを知っておきましょう。

 

不溶性食物繊維には玄米、ゴボウ、ニンジン
などがあり、水溶性食物繊維には果物、海藻類
などがあります。

 

ここで仮に不溶性食物繊維ばかりを集中的に
摂取したとした場合、便が硬くなることが
あり、結果的に便秘になるということがあります。

 

ですので、水溶性食物繊維とともにバランス良く
摂取することが大切です。

 

また腸内ガス抜きや腸内環境を改善するために
ヨーグルトは良いという認識があるようですが
ヨーグルトばかりを食べるという食生活で
腸内環境というのは改善できないというのも
事実です。

 

実はヨーグルトいうのは脂肪が多いということ
に注意が必要です。

 

確かに適度にヨーグルトを食べるというのは
良いのですが、100グラム程度を目安に
しておき、付属の砂糖は控えるようにして
食べるというのが無難です。

 

またヨーグルトには善玉菌を増やすことが
できるという乳酸菌が含まれることで人気が
あるようですが、これにも注意が必要です。

 

乳酸菌にも種類があり、ヨーグルトやチーズ
に含まれる動物性乳酸菌と、味噌、漬物、
しょう油に含まれる植物性乳酸菌というのが
あります。

 

動物性乳酸菌は大半が胃液で死滅してしまい
腸まで届かないということがあります。その
反面植物性乳酸菌は死滅しないで済む
という性質があります。

 

乳酸菌などの善玉菌というのは腸内のビタミン
やたんぱく質の合成、免疫機能の強化、や
悪玉菌を抑制する効果があります。

 

ですので日本食である植物性乳酸菌をできる
だけ食べるようにすることが大切です。

 

ちなみに韓国料理でおなじみのキムチにも
植物性乳酸菌が豊富に含まれているという
ことで積極的に摂取しましょう。

 

やはり腸内環境を改善するには食事の影響
というのが非常に大きいというのは事実で
す。

 

正しい食事の知識を習得して、腸内環境を
改善するように努めましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ